meiken有限会社明建
お気軽にお問合せください。
このページのトップへ
ホーム » 施工例 » 施工事例 » 拘りのアールを用いた門塀が、優しいフォルムでアプローチへと導く外構。-守谷市 H邸

拘りのアールを用いた門塀が、優しいフォルムでアプローチへと導く外構。-守谷市 H邸

▲アプローチ
▲全景
▲階段
▲アプローチ乱貼
▲門塀正面
▲門塀アール部分
▲駐車場
▲裏階段

担当者より

拘りのアールを用いた門塀が、優しいフォルムでアプローチへと導きます。

門塀パターンをいくつか提案させて頂いたのですが、お施主様との打合せにより拘りぬいて建物とのイメージに合う門塀が出来ました。天端を斜めに低くカットし、尚且つ、アール状に下地を仕上げるといった施工上難しい造作でしたが、綺麗におさめる事が出来ました。単調な塗り壁に一工夫しレンガタイルにて袖面をカバーしました。階段蹴上や土留めにもレンガを使い、統一感を出しております。使用レンガは東洋工業のグラヴィブリックになります。又、表札や表札灯、ポストはディーズガーデン商品にて揃えて可愛らしい雰囲気を出しました。アクセントとして塀に窓穴を開け、アールフィックスフェンス2型を取り付けました。

アプローチにはSBICの乱貼り桂林にて華やかさの中にも落ち着いた佇まいのイメージを作りました。

隣地境界のブロック塀が古いものなので、目隠しとして新日軽の木樹脂フェンスにて覆いました。

裏階段にはスロープを付け、自転車等も出入り出来るようにしました。シンボルツリーにはジャコモンティーの株立ちを植込み、北欧のイメージに合わせました。